リーズ大学の授業と魅力を紹介【ビジネススクール等】【イギリス留学/体験談】

さすらうフクロウ。
さすらうフクロウ。
イギリス・リーズ大学にきているフクロウ。です。
さすらうフクロウ。
さすらうフクロウ。
こちらにきて二週間。授業のことを振り替えってみよう!

リーズ大学で何を学べる❓

Leeds Business School
自分がメインで学んでいる、リーズのビジネススクール。

リーズ大学には、学部課程が560コース、大学院コースは300コースあると言われています (リーズ大学日本語サイト)。
すごいたくさんありますね。医学、社会科学、数学、音楽、アート…。国立大学で規模も大きいので、満遍なく学べます。

私はリベラルアーツ科の大学から交換留学で来ているため、割と幅広くいろんな授業を取っています。
… … といっても、一学期目は希望していた授業のほとんどが取れなかったため、ビジネス中心ですが(それでも結構楽しい)。

まだ二週間が経った段階なのですが、いくらかご紹介したいと思います!


TRAN 2064: Exploring Transport and Society
(交通と社会)

Exploring Transport and Society
“交通”の勉強…?

一言でいうと、“人の移動”に着目した授業です!
リーズ大学には “Institute for Transport Studies (交通研究所)” なるところがあり、
その中の 専門外となる学生に対しても向けた授業 (discovery moduleといいます)となっています。

シラバスを見て「おもしろそう!」と勢いで登録しました笑
地域のつながり、バーチャル旅行、グローバリゼーションと旅の文化など…。

都会と地方の二拠点生活を送るスタイルに興味があったり、
休学しながら”旅”をあれこれ重ねてきた結果、”人の移動とは何か” について、より深掘りしてみたい気持ちに。

授業内容としても、カナダのオンタリオ州や、スペインのバルセロナ市での取り組みなど
様々な国のケーススタディ(事例)を取り扱うので、なかなか飽きません。

ただ、他に優先させたいものがあったので 二回分の講義を受けつつも、やむなく履修から落とすことにしました ;(


LUBS 2095: Understanding Data in the Social Sciences
(社会科学におけるデータの理解)

Understanding Data in the Social Sciences
データを取り扱う授業!

率直に、“データ” “数字” に強くなりたい、と思って取りました。
理由としては… アカデミックな方向に行くにしても、ビジネスに行くにしても、
量的データを取り扱えるようになるのは 必須になるだろうな、と思ってのことでした。
前者は学術的な研究において、後者はマーケティング調査・分析などにおいて。

“Python”というプログラミング言語の使い方を学びながら、
大量に蓄積されたデータを 図にしたり、計算して分析したりします。

初週は割と乗り越えられたのですが、二週間目から 「んん❓」と少し置いてけぼり状態に…笑
覚えないといけないコードが多いので大変ですが、「これを乗り越えたら強くなれそうだな」という気がして、まぁまぁ充実しています。
自習でこなしつつ、追いつけるようにしていきたいです。


LUBS 3002: Diversity Management
(ダイバーシティ・マネジメント)

Diversity Management
異なるバックグラウンドが、当たり前の時代。

多様性を、いかにして組織の力に変えていくか?
国籍でも、年齢/世代でも、性別でも、障害者でも。
インターネットやSNSの波及を通じて、人も場所も問わなくなっていく。

特に日本において…年功序列かつ男性中心と、わりと均一性を帯びた組織図がこれまで中心でしたが、
2020年以降を迎えた中、そのモデルからの移行期にある気がします。

デジタルネイティブであるY世代(80~90年代生まれ)・Z世代(90年代後半以降生まれ)が、これから社会の中枢を形成していく。
それを考えると、働き方の流動性・また柔軟性をとらえた人事について、リテラシーを持っておくのも必要なことなんじゃないか、と思いました。

まだ一回しか授業を取っていないので、なんとも言えないですが…面白そうな予感がしています!
レクチャーが週一回、セミナーが週一回あり、インプットとアウトプットの双輪でやっています。


LUBS 3051: Digital Information at Work
(仕事におけるデジタル化)

Digital Information at Work
デジタル化社会の波に対応して。

“情報社会”をどう生き残っていくか、という授業です。

過去50年間で飛び交う情報の量は、人類史の過去5000年分を超えるとも言われています。

インターネットにソーシャルメディア…。
これほどまでに情報が氾濫する社会は、今の時代を置いてない。
だからこそ、いかにして取り込んで効率良くマネジメントしていくか、が求められています。

毎週の授業と、5回分のセミナーを終えてから、以下の課題が求められています。

@以下のトピックから1つ選び、2,500 wordsでエッセイを仕上げる。
・ソーシャルメディアを業務で利用することのデメリットは何か
・組織においてビッグデータを使用する際の、倫理的な暗示は何になるか
・”知識/情報”を仕事においてやり繰りする際、困難となり得るのはなぜか

@自身の将来の職場/キャリアにおいて、どうデジタル化に対応していくか。↑と組み合わせて500 words。

なかなか実践的な側面も求められるため、アカデミックとも併せつつ 掘り下げて学んでいけそうです。


LUBS 3530 Advertising and Promotional Management
(広告・販売促進のマネジメント)

Advertising and Promotional Management
SNS、動画、イベント、刊行物… あらゆるメディアを駆使して。

我ながら、マネジメント系が多いですね笑

こちらは 組織において、ある製品やサービスをいかにしてconsumerの元へ届けるか、を徹底的に煮詰めて考える授業です。
コカコーラのやっているキャンペーンを分析して議論し合ったり、PRにおけるコンセプトや考え方をひたすら叩き込んだり。

1回の講義でかなりの用語が飛び交うため、Note-takingが大変ですが、その分充実度は高いです。
自分はビジネス専攻でなく、マクロ経済もミクロ経済も きちんとした授業を受けていないのですが、
数学や数値よりも どちらというと心理学等も交えた内容が多いため、わりと楽しくついていけてます。


PSYC1619 Psychology for Healthy Minds
(精神医療における心理学)

Psychology for Healthy Minds
精神医学の基礎やカウンセリング手法を習う。

こちらは心理学部からひとつ。

精神的な病はどうして生ずるのか、またその起源はいつからあるのか、などを文献を読み解いて考えたりしつつ、
どう解決していくべきなのかを、生物学的・環境的・個人的な要因等に分解して、多角的に考えていきます
(カウンセリングの手法なんかも習ったり)。

自分自身が精神的に落ち込むこともあったため、身近な問題として感じていたことと、
同じように悩んでいる人のためにも、何かできることはないかな? と思ったのが取ったきっかけです。

週1回・1時間のレクチャーだけでけっこう密度は薄い感じなのですが、
その分自習して文献を読む時間があっていいかな、と思ってやっています。


全体的な感想(二週間が経って)

おおむね、授業は満足しています!
私はもともとメディア系の授業を中心に取りたかったのですが、事前にほとんど落とされてしまった分、最初は落ち込んでいました。

ただ、その代わりに興味のあったビジネス系列の授業を取り、今学期は実践的な面を強化することにしよう、という目標でやっています。
リーズ大学のビジネススクールはレベルもなかなか高く、結果としてはこれで良かったのかも。
しかもキャンパスがかなりおしゃれで… これはまたの機会に笑

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *