将来の夢って、必要?【とりねこ劇場。】

ためらうネコ。
ためらうネコ。
はぁ・・・・・・。
どうしたんだい。思い悩んだ顔をして。
さすらうフクロウ。
さすらうフクロウ。
ためらうネコ。
ためらうネコ。
いやね、最近ねこ友だちと話していて。
ためらうネコ。
ためらうネコ。
話の流れから、みんなで夢を語り出して。「将来、オレはネコ界で最前線のエンジニアになる」とか、「アスリートになって、世界大会に出たい」とか。
ためらうネコ。
ためらうネコ。
そういうのを見ていて、ぼくは特に何もなくて・・・。ちょっと恥ずかしくなって、「このままじゃだめなのかな」って思い始めたんだ。
なるほど。「将来の夢」か。ぼくも悩んでいた時期があったんだけど、考えを変えるきっかけがあったから、それを話そうか。
さすらうフクロウ。
さすらうフクロウ。

夢を目指している人を見ると 輝いているように見えます。
けど、そもそも「将来の夢」とは何なのでしょうか?
少し、考えてみましょう。


「将来の夢」って?

「将来の夢」は、誰もがどこかで語ったことのあるテーマじゃないでしょうか。
小さなころから、若者世代まで。

「ケーキ屋さんになること」「サッカー選手になること」「Youtuber になること」
「海外に住むこと」「国連で働くこと」「有名なミュージシャンになること」… …。

これらの「夢」に共通しているのは、
“今まだ実現していないことを思い描き、”
“ある到達点に達すること” にあります。

では、もしも実際に「その到達点に達したら」どうなるのでしょう?

たとえば、「有名なミュージシャン」になりました。
次は、「有名なミュージシャンであり続けること」が目的になるでしょうか。

ここで、AとBの二つのケースを考えます。

Aは 念願の歌手になりました。しばらく何年間かはヒットし続け、好調です。
ところが、時間が経るにつれて 何十といる他のライバル歌手たちの台頭もあり
以前と比べて、自身の知名度も少しずつ低下。
そのことを実感する中、日々不安に駆られ 「このままでは」とストレスも感じ始めています。

Bも、同じように念願の歌手になって Aと同じ道を辿りました。
しばらくして、売れなくなっていく。でも、Bはあまりそのことを気にしていないようで
今度は地方に行って、小さなコンサートなどを企画しているようです。

この違いは、どうして生まれるのでしょうか?


「理念」

これは、「夢」と「理念」の違いにあるのではないでしょうか。

Aは「夢」を達成し、「自分自身」=「有名なミュージシャン」としてのアイデンティティを見出しています。
ですから、「有名なミュージシャン」として うまくやれていない自分がいたときに、そのギャップに苦しみます。

では、Bのほうは なぜAに比べて思い悩まないのか…。
ひとつの理由に、「理念」を抱いているから、があると思われます。

たとえば、「夢」で思い描いた通りに うまくいかないときも、あるかもしれません。
でも、Bのほうは、「有名なミュージシャン」であることは あくまで自分の一部分であり、
ほんとうにやりたいこと・・・
「歌や音楽を通して 人がつながったり、互いに楽しんでいるのを 実感すること」に対して、
とても強い自覚を持っています。

「理念」は、
「自分がどんなことに喜びを見出しているか」を理解した上で、
「誰かのため」や「何かのため」も意識して、自身の姿を 柔軟に変える準備ができていること

もちろん、「~になること/~であり続けること」によって、非常に充実した生を遂げることもあるでしょう。
ただ、それが全て完全に思い通りに行かないとき・・・
人に対してどう貢献していたいか」をより肌で自覚し、実践し続けて 認められる過程によっても
同じく 充実した生に近づけるのではないでしょうか。


「夢」と「理念」

」は将来の点であり、瞬間的であり、自分の外にある一方、
理念」は現在の線であり、持続的であり、自分の内にあります。

「夢が大事だ」と言われる昨今。
ですが、「いま私たちが抱いている理念」を語り合うことにも より意味があるのではないでしょうか。

たとえばネコくんは、これまで生きてきて どんなことに興味を持ったり 喜びを感じたりしてきた経験がある? 
さすらうフクロウ。
さすらうフクロウ。
ためらうネコ。
ためらうネコ。
うーん。
ためらうネコ。
ためらうネコ。
小さいことではあるんだけど。例えば、この間 種族の違うオオトカゲと出くわして。道に迷ってたみたいだから案内してあげたんだ。
ためらうネコ。
ためらうネコ。
文化とかことばもちょっと違ったから 少し不安だったんだけど。でも、道を教えてあげているうちに 向こうも打ち解けてくれて。普段接することのない オオトカゲの生活のことを、いろいろ教えてもらったんだ。
ためらうネコ。
ためらうネコ。
話を聞くとおもしろかったし。ネコ属とは普段あまり交流もないから、もっと互いの種族同士 話し合うことができたら 楽しそうだな、と思ったりしたかなぁ
それが君の、ひとつの価値観だ。だから、「夢」という遠い点の話をするよりも 君のその「内側にあるもの」に自覚的になっていったらいい。
さすらうフクロウ。
さすらうフクロウ。
他の人にはない、君自身の経験から生まれた「思い」や「考え」。それが君を君たらしめていくし、ちょっと怖いけれど それを表に出していけば 他に君に共感してくれる人や、アドバイスをくれる人だって出てくるかもしれない。
さすらうフクロウ。
さすらうフクロウ。
そうなれば自然と、遠い先の「夢」とまではいかなくても自然と「今やりたいこと」が出てきて、その延長線上に 君の将来も あるんじゃないかな。
さすらうフクロウ。
さすらうフクロウ。
ためらうネコ。
ためらうネコ。
なるほど。「夢」よりも「理念」か。いずれにせよ、日々の努力も大切そうだね。まぁがんばってみるよ。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *